© 2015 ekimaechoshika            Wix.com 

  • Twitter Classic
  • Google Classic

症例

症例1 30代 女性 治療期間 約10ヶ月 約40万円  

矮小歯の症状、先天欠如歯や側方運動の誘導路の欠如、それに伴う顎変位等、数々の問題がありましたが、機能の回復はもちろん、患者さまの満足いく審美性も得られました。顔貌はお見せできませんが、著しい変化を遂げております。

​治療を受けるにあたっての欠点は、矯正治療のために便宜抜歯を行っている事と、治療期間が長い事でしょうか。

症例2 30代 女性 約2年 約32万

矯正治療により、呼吸、嚥下、発音、咀嚼に考慮した形態が獲得されました。審美的には成功でしょうか?

​治療の欠点としては、上顎第一小臼歯を便宜抜歯していることと、治療期間が長い事です。

症例3 60代 男性 約10ヶ月 約30万

差し歯が入っていたのですが、歯根破折により保存不可能となり、そのままにしておくのも抵抗があり、天然歯を削るブリッジも選択しなかったため、インプラントとなりました。こちらの見た目はいかがでしょう? 欠点としては、外科処置が必要な事と、治療期間が長い事、一本あたりにかかる費用が高額になることです。

症例4 60代 女性 約10ヶ月 他部位込みで約80万

臼歯部の咬合崩壊症例です。保存治療を優先させ歯をすべて残し、本来の顎の位置に近いところを取り戻すことができました。良好な機能が得られております。

短所としては、治療期間が長くかかる事と、費用が沢山かかることですが、差し歯(金属冠orセラミックス)の材質にこだらなければ、保険治療内で充分可能な治療法です。   

症例5 60代 女性 約2年 約300万

全顎の崩壊症例です。歯周病や歯列不正、ありとあらゆる問題を解決し、咬合再構成しております(赤、青はマーキング)。全身から醸し出す雰囲気の変化には驚かされます。活力がみなぎり日常がかなり明るくなったとのことです。

短所としては、インプラント及び矯正治療を併用しているため、治療期間が長くなる事と、費用が高額になることです。