© 2015 ekimaechoshika            Wix.com 

  • Twitter Classic
  • Google Classic

October 29, 2019

March 6, 2019

September 18, 2018

June 29, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

銀歯という選択

May 26, 2017

日本で国が認めている補綴治療(歯の被せ、冠)でスタンダードなものは、銀歯です。

パラジウムが主成分でその他重金属を含む合金なのですが、

これについてできれば入れたくないよねって考えることは至極真っ当なことと思います。

くわしくは割愛。ググって下さい。

じゃあその代案は?ってなると、

セラミックになります。

ハイブリッドレジン(廃れ気味)になります。

金歯になります。はい◯万円です。となっちゃうわけです。

保険の銀歯だったら大臼歯部で3500円程度ですよ。

これ日本全国一律です。

銀座で入れようが、岡山で入れようが、一緒です。

ここは安いですねってよく言われますが、いや、全国一緒だから。

よそのことは知らんけど。。。

保険診療で歯医者によって値段違うってない、、はずでしょ?

 

ちなみに今現在金属アレルギーある方は、証明できれば奥歯だって

保険で白い歯(CADCAM冠=割と硬いレジン歯)いれられます。

 

では金属アレルギーのない人にとって、その銀歯本当に悪いのって聞かれると、

あながち悪いばかりでもないかなっていう見方もあるわけで。

良くも悪くも!エナメル質よりとっても硬くて

良くも悪くも!支えてる根っこのことは置いといたとしても金属自体が壊れることは無くて

良くも悪くも!セラミックは欠けますからね。何かの拍子で。

歯肉との親和性(歯ぐきとの相性)は悪いし、

ギャップにプラーク溜まりやすいしっていう欠点を除けば、

歯がある分、噛めるし、力入るし、バランス取れるし、ってことで。

歯がないよりはまだましと考えるのが一般的ではないでしょうか。

 

下の写真、値段一律ですけど形態は違いますよね。

一応かみあわせ拘ってるのでこれぐらいはノーマルでやらないとね。 

メタルフリーが良いですってことで、こだわっちゃう人はさらに下の感じでどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上図 患者さんA:解剖学的歯牙形態とはいいがたい銀歯

       

   下図 患者さんB:当診療所の標準形

      機能的なのはAorB?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下図 患者さんC:術前  

 

右下奥歯の骨が吸収してグラグラだった根っこ一本間引いて、

ブリッジを作成 奥歯残せてよかった症例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんC:術後

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索