• 駅前町歯科診療所

環境問題・環境ホルモン


世界的大企業であるスターバックスとマクドナルドが、プラスティックストローを廃止するというニュースが流れましたよね。

https://www.bbc.com/japanese/44776177

ネットでニュースを書いている識者の方々も、えっとビックリされてからの文章だったり、

TVのニュースキャスターも私は知らなかったんですけどと前置きしている。

なるほど〜。知識人である方々がこんな調子なんだから、こと環境問題に関して我々日本人はいかに世界標準とかけ離れているかってことがよく分かります。

ただ、今回大きなメディアが複数取り上げた事により、大きく一歩踏み出せたかなとは思います。

もちろん一日にしてならずなので、継続して意識を持ち、結果政府が舵取りしていかなくてはかわらないんですけどね。

海洋汚染において、3トンの魚に対して1トンのプラスティックゴミが漂っているといいます。もちろん年々増え続けている訳で、毒性のある合成化学物質が水に溶けず油に濃縮される性質によりプラスティックに大量に吸着したり、それがマイクロビーズ(1mm以下のプラスティック)となり食物連鎖し、、、。

国連、G7(日本入ってますよね?)もプラスティックゴミ問題を海洋環境の最大の危機だと示しているし、EUアメリカのみならず、インドでは首都圏でのレジ袋や使い捨てプラ製品の販売禁止、台湾でも

ストロー、飲料容器、使い捨て食器を30年に全面禁止にすると発表されたみたいです。

なんで、日本ってそういうとこホント無頓着なんでしょうね? 

出してるゴミの量だってダントツの世界一。おもてなしによる過剰な包装、ちょっとでもビニール袋、はたまたコンビニのプラスティック容器、、、等々。  

多くのプラスティック製品に含まれているBPA(ビスフェノールA)の人体への影響はどんどん明らかになってきており、先進国での規制や表示義務はもちろんの事で、カナダでは毒物扱いだし、フランスでは食品に直接触れる物への使用は禁止。BPAフリーは当たり前なのだけど、日本じゃラップに包んで電子レンジでチーンときてる。

ああ。環境ホルモンが熱で溶けて食品に移行する、、、なんてね。

あふれかえるプラスティック製品はもはや必要不可欠なぐらい日常に入り込んでいますよね。

なにせ安いからね。 ただ日本ではこれらの成分は一切表示義務がないので(含有率5%無い限り)  PCB(ポリ塩化ビフェニル)、フタル酸エステルなんかも溶け出して食べちゃってるってことで、

日本人のBPS(BPAの代替えだけど環境ホルモン)摂取量や尿中濃度はぶっちぎりの世界一なんだとか。進化系? いやいや。淘汰されるでしょう。アレルギーが増えたり不妊症だのなんだのってね。

現に日本人の人口減少は実際におきてるわけで、これらの問題が全く無関係とは言い切れないはず。

ちなみに歯科治療でよく使われるレジンという歯の詰め物もプラスティックですが、

これも他のプラスティック製品と同じく日本に流通しているものは制限なしで豊富に有ります。

当歯科診療所で使用している物はBPAフリーですので、とりあえずはご安心あれ。


189 views

© 2015 ekimaechoshika            Wix.com 

  • Twitter Classic
  • Google Classic